大会事務局

  • 医療法人 大宮シティクリニック
  • 〒330-8669
  • 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル30F

運営事務局

  • 株式会社 シグマ
    コミュニケーションズ
  • 〒141-0031
  • 東京都品川区西五反田7-19-1
  • TEL. 03-6431-9936
  • FAX. 03-6431-9937
  • E-mail.secretariat@58jsnd.jp

学術大会長挨拶

会長

第58回日本人間ドック学会
学術大会開催にあたって

中川 高志

第58回日本人間ドック学会学術大会
学術大会長
医療法人 大宮シティクリニック
理事長

第58回日本人間ドック学会学術大会を2017年8月24日(木)から25日(金)の2日間、会場は大宮ソニックシティ、パレスホテル大宮にて開催いたします。大宮シティクリニックは「健診機能を有するクリニック」をコンセプトに1983年開院しました。因みに埼玉県では初めての学術大会の開催となります。このような機会に学術大会長を務めさせて頂くことは、誠に身の引き締まる思いです。

第58回大会のメインテーマを「生涯健康のガイドライン創り−豊かな高齢化社会を目指して−」としました。

「生涯健康のガイドライン創り」は大宮シティクリニックの基本理念です。日本は世界に例をみないほど急速に「高齢化」が進行しています。2016年版高齢社会白書によると、総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は27%になっています。さらに、少子化の影響で総人口が減少する中高齢者は増加し続け2060年には40%に達し、国民の2.5人に一人が65歳以上の高齢者となる社会が到来すると推計されています。高齢者の社会的自立は個人にとっても国家にとってもますます重要な課題となってきます。我が国の平均寿命は男女とも世界最高レベルにありますが、平均寿命と健康寿命の間には大きな開きがあります。健康寿命の延伸こそが高齢者の自立の基本になります。

本学術大会はいわゆる早期発見、早期治療の二次予防から、疾病の発症を予防する一次予防への移行に対応し、国民のニーズに沿う健診を提供してきました。しかし、健康寿命の延伸は疾病予防だけでは実現できません。積極的な健康づくりのための支援が必要です。

いろいろな年代の方がドック健診施設を訪れます。多くの人は今の健康状態に大きな関心を持っているでしょう。無論、健康に関心を持ってもらうことは重要なことですが、より重要なのは、生涯を通じて健康であることの意義を伝え、共感してもらうことです。日本人間ドック学会は人間ドック専門医制度による人材の育成、人間ドック健診施設機能評価制度による施設の育成と標準化をしてきました。そして、あらゆる年代層の膨大な健診データを蓄積してきました。これらを踏まえ、生涯健康のガイドライン創りは、我々のなすべき責務と考え今回のテーマにしました。

大宮は都心から約30分の近い位置にあります。古くから鉄道の街として栄えてきました。日本のみならず世界の鉄道に関わる遺産、資料に加え、国鉄時代からの調査研究をしている「鉄道博物館」。盆栽の聖地として知られ、世界中から多くの人が訪れる大宮盆栽村。大宮の地名の由来となった2000年の歴史を持つ、大いなる宮氷川神社。学術大会の折にはぜひお立ち寄りいただき、埼玉を満喫していただければと存じます。
皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

Page Top